種類の多い白髪染めと使いやすい白髪染め

年齢的にも、白髪が気になり始め、白髪染めを買いに行きましたお店行って一番驚いたのは、種類の多さでした。
お店に陳列してある商品を見ていると、あまりの種類の多さにどれにしようかと迷いました。
各メーカーとも色々な商品を出しており、細かく見ていくと色や使い方の違いがわかりました。
af9980015208w
ごく一般的なものと、少しオシャレを意識した商品など、それそれに合わせた商品が数多く販売されています。
多くは、女性用ですが、中には男性用もあり、品定めをしている時でも、何の違和感もなく選ぶことができます。
また、使い方も、刷毛で塗り込むタイプと、泡で直接つけて手で揉み込むタイプがあり、ごく一般的なのが、
刷毛で塗るタイプですが、果たして男性でも出来るかと思いましたが、実際使ってみて、そこまで難しくはなく、初心者でも難なく染めることが出来ました。
染める際一番心配したのが、染めたところにムラがないかでしたが、その心配はなく、きれいに染め上がりました。

白髪染めにはどんなものがあるか

白髪染めにはたくさんの種類があります。

泡タイプや液体タイプ、半練りタイプなど様々です。染め方にも専用のコームを使う方法やムースのように手に取って揉みこむ方法、容器から直接髪の毛に塗る方法などがあります。
また、男性用と女性用と言う分け方もありますのでどれを選べば良いのかわかりません。わたしが白髪染めを選ぶ基準はまず第一に頭皮へのダメージが少ないことが挙げられます。
それから2番目に染めてからの色落ちがないこと、3番目には染め上がりの美しさ、4番目に価格で決めています。
価格に関してはドラッグストアなどに陳列されている商品を見比べることで確認ができるのですが、頭皮へのダメージや染め上がりに関しては商品の説明を見比べるだけではどれも同じ内容が書かれているため比較ができません。
価格で選べば間違いないだろうと思っていつも価格が高めの白髪染めを購入していますがそれが正解なのか半信半疑でいつも使っています。
髪の毛が真っ白になるまではもうしばらくお世話になろうと思っています。

2014-09-18

TO TOP