白髪染めとトリートメントが一緒にできるヘアカラー

年齢によっては避けることができない白髪ですが、最近では手軽に自宅で白髪を染めることができるようになりました。
自宅で白髪染めというと、市販の専用液があります。ただ、市販液は手軽な半面で問題もあります。それは、髪の毛が痛んでしまうという事です。
市販液は様々な化学成分が配合されているので髪の毛にダメージを与えやすくなってしまいます。
とはいえ、放っておくと直ぐに目立ってきてしまう白髪なので、定期的に染めたいところですが、そんな気持ちに反して髪の毛を痛ませるのは嫌ですよね。ではどうしたらいいのか・・・。

ヘアカラーなら簡単に白髪染めが出来ます

af9920083136x
そんな時にはヘアカラートリートメントがオススメです。ヘアカラートリートメントとは、文字通りトリートメント剤でヘアカラーができると言うものです。
トリートメント剤ということで、髪の毛を痛めるどころか保護してくれます。その上で白髪を染めることが可能なんです。
しかも配合成分は植物などを使用した無添加・自然派ですので安全に使用できます。

ヘアカラーは今や市民権を得て、すっかり日常の中に溶け込んでいます。それに伴い、白髪染めの需要は高まり、多くの商品が販売されています。

ですが、白髪染めで困ることの一つに、髪が痛むことがあります。明るくするヘアカラーと違い、白髪を染める白髪染めは、白髪が伸びると見た目がよくなく、白髪が伸びる度に気になり、どうしても染める回数が増えてしまいがちです。
染める回数が増えると、その分、髪への負担が増えます。そのため、バサバサでゴワゴワな傷んだ髪になってしまう場合もあります。
そこで注目したいのが、トリートメントタイプのものです。トリートメントタイプは、その名前のとおりトリートメント成分が多く、トリートメントの代わりとしても使える染料です。
これなら髪が痛むことはありません。痛むどころか、髪はトリートメントで綺麗になっていきます。その上、白髪も染まるのです。
まさに、白髪は染めたいけど髪が痛むのが嫌だという方に、ピッタリな商品です。

2014-09-18

TO TOP